品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

汎用CMOSロジックICの出力が衝突(出力同士を接続)した場合、ICへの影響がありますか?

ダイオードなどで行うようなワイヤードORを構成することはできません。一般の汎用CMOSロジックICでは原則として出力同士を接続することはできません。3ステート出力の製品では可能ですが、同時にイネーブル状態になると、意図しない電流が流れICの劣化を招くことがあります。出力が同時にイネーブルとなるタイミングを持たないように設計ください。また、接続している全ての端子がディセーブル(High-Z)になると、バスホールド機能を持たない素子ではプルアップやプルダウンなどを行わない場合、出力が不安定になります。

出力の駆動能力を向上(出力電流を増加)させるための平行接続は、同一パッケージ内のゲートに限り可能ですが、高駆動製品(Io = ±24mA)をお使いいただくことを推奨します。

ワイヤードORの禁止
ワイヤードORの禁止
駆動能力向上の例(同一パッケージ内のみ可能)
駆動能力向上の例(同一パッケージ内のみ可能)
3ステート出力製品の出力衝突
3ステート出力製品の出力衝突
別ウインドウにて開きます