品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

ファンアウトとはなんですか?

ファンアウトとは何か

ファンアウトはCMOSロジックICの出力端子に接続可能なCMOSロジックICの入力端子の数を表します。
従って計算は出力電流を後段に接続するCMOSロジックICの入力電流で割った値になります。

ファンアウト = IOH / IIH、または IOL / IIL

この計算はCMOSロジックICの前に主流であったTTLロジックICでは入力電流が大きく意味がありました。しかし、現在のCMOSロジックICの直流入力電流はマイクロアンペアオーダーですので、この考え方での制限はほとんどないと言えます。
むしろ後段のCMOSロジックICの容量値が問題になります。一般的にCMOSロジックICでは意図的に出力に大きな容量を接続することは推奨していません 。CMOSロジックICの入力容量はおおむね10pF程度 (製品ファミリーによって入力容量は変わりますので、データシートをご確認ください)であり、接続可能な容量の総和は500pF以下としています。
(FAQ:出力にコンデンサーをつけたいのですが問題ありますか?

計算上は50個のCMOSロジックICを接続できることになりますが、以下の点で特に注意が必要です。

波形がなまり伝搬遅延時間が大きくなる
(データシート上の伝搬遅延時間は50pFでの測定を基準としています)

負荷容量(次段の入力容量の総和)が増加するため充放電電流により消費電流増加します。
(FAQ:汎用ロジックICの消費電力の計算を教えてください。

このことから実機で動作の確認を行いご使用ください。

別ウインドウにて開きます