品番検索

クロスリファレンス検索

About information presented in this cross reference

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

バスラインの種類

これは、「バスラインの種類」を説明した図です。
バスラインの種類

バスラインには、データバス、アドレスバス、そしてコントロールバスの3種類があります。なお、各バスラインは連携して働きます。

データバスは、CPUとメモリー、CPUとI/Oの間でデータのやり取りを行うための信号線のことで、指定された場所に格納されているデータを扱います。やり取りされるデータは、演算するための数値やその演算結果、外部機器からの入力信号や外部機器に出力する信号などです。

アドレスバスは、メモリーやI/Oの場所を指定するための信号線です。データのやり取りを行う場合、データの取り出し先、あるいはデータの格納先を指定する必要があります。この場所を指定するのがアドレスバスです。

コントロールバスは、アドレスバスで指定された場所に対して、読み出しを行うのか、書き込みを行うかを指定する信号線です。アドレスバスで指定されたメモリーやI/Oは、コントロールバスにより書き込みを指示された場合は、データバスで送られて来たデータを受け取ります。コントロールバスにより読み出しを指示された場合は、データバスにデータ出します。

第2章 マイコンの歴史と5要素

マイコンの歴史
マイコンの歴史:大規模集積回路とマイコン
マイコンの5要素
CPU(演算、制御)
メモリー(記憶)
メモリーの種類(RAM&ROM)
I/O(入力、出力)
バスライン
別ウインドウにて開きます