Contact us

別ウィンドウにて開きます 別ウィンドウにて開きます

アプリケーションノート・サンプルプログラム

サンプルプログラムは以下の構成で製品グループ毎に用意しています。

Arm® コア搭載マイコン

  • ユーザガイド
  • ヘッダー/スタートアップルーチン
  • ドライバ/サンプルプログラム

TXZファミリー

TXZ3シリーズ
TXZ4シリーズ

TXファミリー

TX00シリーズ
TX03シリーズ
TX04シリーズ

東芝オリジナルコア搭載マイコン

  • TMP89FS60FG サンプルソフトウエア 動作機能

製品詳細

TXZ3シリーズ M3Hグループ(1)

対象製品

TMPM3H6FWFG TMPM3H5FWFG TMPM3H4FWUG TMPM3H3FWUG TMPM3H2FWDUG
TMPM3H6FWDFG TMPM3H5FWDFG TMPM3H4FWFG TMPM3H3FUUG TMPM3H2FWQG
TMPM3H6FUFG TMPM3H5FUFG TMPM3H4FUUG TMPM3H3FSUG TMPM3H2FUDUG
TMPM3H6FUDFG TMPM3H5FUDFG TMPM3H4FUFG TMPM3H2FUQG
TMPM3H6FSFG TMPM3H5FSFG TMPM3H4FSUG TMPM3H2FSDUG
TMPM3H6FSDFG TMPM3H5FSDFG TMPM3H4FSFG TMPM3H2FSQG
TMPM3H1FWUG TMPM3H0FSDUG
TMPM3H1FUUG TMPM3H0FMDUG
TMPM3H1FSUG
TMPM3H1FPUG

※サンプルプログラムは、TMPM3H6FWFGの評価ボードで動作するように準備されています。
TMPM3H6以外の動作確認を行う場合は、CMSIS Core関連ファイル (C startupファイル、I/Oヘッダファイル) を変更する必要があります。
BSP関連ファイルは評価ボード専用 (TMPM3H6FWFG) ファイルなので、TMPM3H6以外の動作確認をする場合は、BSP関連ファイルを変更する必要があります。
TMPM3H1とTMPM3H0はRTCが搭載されていませんので、サンプルプログラムでの動作確認は実施出来ません。

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
アナログ/デジタルコンバータ ADC サーミスタから取得したAD値を温度換算してターミナルソフトへ出力する例です。
クロック/モード制御 CG スイッチによるポート入力をトリガとして低消費電力モード(IDLE/STOP1/STOP2)へ切り替えます。
デジタルノイズフィルタ
DNF スイッチによる外部信号割り込みをDNF経由で検出します。
Flash制御 FLASH 特定ブロックのデータ消去、書き換えを行うサンプルプログラムです。
入出力ポート GPIO KEY押下を判定し、LEDを点灯(消灯)します。
シリアルバスインタフェース I2C ターミナルソフトからRead/Writeコマンド、Read/Writeデータを入力して、EEPROMへリード/ライトを行います。
評価ボード2枚を使った通信例と、評価ボード2枚を使ってEEPROMをリードするマルチマスタのサンプルプログラムです。
電圧検知 LVD 電源電圧を検知電圧と比較して検知する例です。
周波数検知 OFD 外部高速発振器をモニタし、設定した周波数範囲と比較して周波数異常を検知する例です。
リモコン判定 RMC リモコンコード受信し、ターミナルソフトへ表示します。
リアルタイムクロック RTC RTCを動作させ、時計データをターミナルソフトへ出力します。
32ビットタイマ T32A 1ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
トリミング回路 TRM 外部からの入力信号または外部低速発振で内蔵発振器を調整するサンプルプログラムです。
同期式シリアル
インタフェース
TSPI ターミナルソフトからRead/Writeコマンド、Read/Writeデータを入力して、シリアルFlashへリード/ライトを行います。
非同期シリアル通信回路 UART PCのターミナルソフトから入力したデータをエコーバックします。
UART
DMAC
PCのターミナルソフトから入力したデータをエコーバックします。DMACを使用した例です。

※ 上記サンプルプログラムを解説したアプリケーションノートはこちらからダウンロードできます。

TXZ3シリーズ M3Hグループ(2)

対象製品

TMPM3HQFDFG TMPM3HPFDFG TMPM3HNFDFG TMPM3HMFDFG TMPM3HLFDUG
TMPM3HQFZFG TMPM3HPFZFG TMPM3HNFDDFG TMPM3HMFZFG TMPM3HLFZUG
TMPM3HQFYFG TMPM3HPFYFG TMPM3HNFZFG TMPM3HMFYFG TMPM3HLFYUG
TMPM3HNFZDFG
TMPM3HNFYFG
TMPM3HNFYDFG

※サンプルプログラムは、TMPM3HQFDFGの評価ボードで動作するように準備されています。
TMPM3HQ以外の動作確認を行う場合は、CMSIS Core関連ファイル (C startupファイル、I/Oヘッダファイル) を変更する必要があります。
BSP関連ファイルは評価ボード専用 (TMPM3HQFDFG) ファイルなので、TMPM3HQ以外の動作確認をする場合は、BSP関連ファイルを変更する必要があります。

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
アナログ/デジタルコンバータ ADC サーミスタから取得したAD値を温度換算してターミナルソフトへ出力する例です。
クロック/モード制御 CG スイッチによるポート入力をトリガとして低消費電力モード(IDLE/STOP1/STOP2)へ切り替えます。
CRC CRC 2chのTSPIを用いて、CRCコードを付加した通信を行い、受信したデータをターミナルソフトへ出力します。
デジタルノイズフィルタ
DNF スイッチによる外部信号割り込みをDNF経由で検出します。
Flash制御 FLASH 特定ブロックのデータ消去、書き換えを行うサンプルプログラムです。
入出力ポート GPIO KEY押下を判定し、LEDを点灯(消灯)します。
シリアルバスインタフェース I2C ターミナルソフトからRead/Writeコマンド、Read/Writeデータを入力して、EEPROMへリード/ライトを行います。
評価ボード2枚を使った通信例と、評価ボード2枚を使ってEEPROMをリードするマルチマスタのサンプルプログラムです。
電圧検知 LVD 電源電圧を検知電圧と比較して検知する例です。
周波数検知 OFD 外部高速発振器をモニタし、設定した周波数範囲と比較して周波数異常を検知する例です。
リモコン判定 RMC リモコンコード受信し、ターミナルソフトへ表示します。
RAMパリティ RPAR ターミナルソフトからライトコマンドを使って入力する文字列にRAMパリティを付加してRAMへ保存します。ReadコマンドでRAMへ保存したデータのパリティチェックを行い、ターミナルソフトへ表示します。
リアルタイムクロック RTC RTCを動作させ、時計データをターミナルソフトへ出力します。
32ビットタイマ T32A 1ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
トリミング回路 TRM 外部からの入力信号または外部低速発振で内蔵発振器を調整するサンプルプログラムです。
同期式シリアル
インタフェース
TSPI 2chのTSPIを用いて通信を行い、データをターミナルソフトへ出力します。
非同期シリアル通信回路 UART PCのターミナルソフトから入力したデータをエコーバックします。
UART
DMAC
PCのターミナルソフトから入力したデータをエコーバックします。DMACを使用した例です。

※ 上記サンプルプログラムを解説したアプリケーションノートはこちらからダウンロードできます。

TXZ4シリーズ M4Kグループ(1)

対象製品

TMPM4K4FYAUG TMPM4K2FYADUG TMPM4K1FYAUG TMPM4K0FSADUG
TMPM4K4FYAFG TMPM4K2FWADUG TMPM4K1FWAUG
TMPM4K4FWAUG TMPM4K2FUADUG TMPM4K1FUAUG
TMPM4K4FWAFG TMPM4K2FSADUG TMPM4K1FSAUG
TMPM4K4FUAUG
TMPM4K4FUAFG
TMPM4K4FSAUG
TMPM4K4FSAFG

※TMPM4K4FYA以外の動作確認を行う場合は、CMSIS Core関連ファイル (C startupファイル、I/Oヘッダファイル) を変更する必要があります。

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
アナログ/デジタルコンバータ ADC ポテンショメータの出力電圧をADCで変換しターミナルソフトへ出力する例です。
クロック/モード制御 CG スイッチによるポート入力をトリガとして低消費電力モード(IDLE/STOP1)へ切り替えます。
CRC CRC 2chのTSPIを用いて、CRCコードを付加した通信を行い、受信したデータをターミナルソフトへ出力します。
デジタルノイズフィルタ DNF スイッチによる外部信号割り込みをDNF経由で検出します。
Flash制御 FLASH 特定ブロックのデータ消去、書き換えを行うサンプルプログラムです。
コードフラッシュをデータフラッシュとして使用する例です。(コードフラッシュEEPROMエミュレーション:CFC)
入出力ポート GPIO KEY押下を判定し、LEDを点灯(消灯)します。
シリアルバスインタフェース I2C 評価ボード2枚を使ったマスタ/スレーブ送受信例です。
電圧検知 LVD 電源電圧を検知電圧と比較して検知する例です。
周波数検知 OFD 外部高速発振器をモニタし、設定した周波数範囲と比較して周波数異常を検知する例です。
RAMパリティ RPAR ターミナルソフトからライトコマンドを使って入力する文字列にRAMパリティを付加してRAMへ保存します。ReadコマンドでRAMへ保存したデータについてパリティチェックを行い、ターミナルソフトへ表示します。
32ビットタイマ T32A 1ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
トリミング回路 TRM 外部からの入力信号で内蔵発振器を調整するサンプルプログラムです。
同期式シリアル
インタフェース
TSPI 2chのTSPIを用いて通信を行い、データをターミナルソフトへ出力します。
非同期シリアル通信回路 UART PCのターミナルソフトから入力したデータをエコーバックします。
UART
DMAC
PCのターミナルソフトから入力したデータをエコーバックします。DMACを使用した例です。

TXZ4シリーズ M4Kグループ(2)

対象製品

TMPM4KQFDFG TMPM4KPFDDFG TMPM4KNFDDFG TMPM4KMFDDFG TMPM4KLFDUG
TMPM4KQFYFG TMPM4KPFYDFG TMPM4KNFYDFG TMPM4KMFYDFG TMPM4KLFYUG
TMPM4KQFWFG TMPM4KPFWDFG TMPM4KNFWDFG TMPM4KMFWDFG TMPM4KLFWUG
TMPM4KNFDFG TMPM4KMFDFG TMPM4KLFDFG
TMPM4KNFYFG TMPM4KMFYFG TMPM4KLFYFG
TMPM4KNFWFG TMPM4KMFWFG TMPM4KLFWFG
※TMPM4KQFDFG以外の動作確認を行う場合は、CMSIS Core関連ファイル (startupファイル、I/Oヘッダファイル) を変更する必要があります。

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
アドバンスト
エンコーダ入力回路
A_ENC32 ロータリエンコーダの回転をロータリエンコーダモードで検知します。回転数に応じてLEDの点滅間隔を変更します。
アナログ/デジタル
コンバータ
ADC ポテンショメータの出力電圧をADCで変換しターミナルソフトへ出力する例です。
CANコントローラ CAN ポテンショメータの出力電圧2chをADCで測定し、変換結果の値をCANのテストループバックモードで送信、受信し、受信したデータをTeraTermへ表示します。
クロック/モード制御 CG スイッチによるポート入力をトリガとして低消費電力モード(IDLE/STOP1)へ切り替えます。
CRC CRC MEMORY_TOPからMEMORY_SIZE分のデータをCRCに連続入力し、CRC結果をcrc_dataに保存する。
デジタルノイズ
フィルタ
DNF スイッチによる外部信号割り込みをDNF経由で検出します。
Flash制御 FLASH 特定ブロックのデータ消去、書き換えを行うサンプルプログラムです。
コードフラッシュ、データフラッシュ、ユーザインフォメーション等を使用する例です。
シリアルバスインタフェース I2C 評価ボード2枚を使ったマスタ/スレーブ送受信例です。
電圧検知 LVD 電源電圧を検知電圧と比較して検知する例です。
周波数検知 OFD 外部高速発振器をモニタし、設定した周波数範囲と比較して周波数異常を検知する例です。
入出力ポート PORT KEY押下を判定し、LEDを点灯(消灯)します。
RAMパリティ RAMP ターミナルソフトからライトコマンドを使って入力する文字列にRAMパリティを付加してRAMへ保存します。ReadコマンドでRAMへ保存したデータについてパリティチェックを行い、ターミナルソフトへ表示します。
クロック選択式
ウォッチドッグタイマ
SIWDT NMI割込みが発生する例とクリアコードを定期的に書き込んでNMI割り込が発生しない例です。
32ビットタイマ T32A 1ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
トリミング回路 TRM 外部からの入力信号で内蔵発振器を調整するサンプルプログラムです。
同期式シリアル
インタフェース
TSPI TSPIを用いて通信を行い、データをターミナルソフトへ出力します
CRC、DMA、FIFOを使用した送受信を行います。
非同期シリアル通信回路 UART PCのターミナルソフトから入力したデータをエコーバックします。
DMACを使用した例と2つ準備しています。

TXZ4シリーズ M4Gグループ(1)

対象製品

TMPM4G9F15FG TMPM4G8F15FG TMPM4G7F10FG TMPM4G6F10FG
TMPM4G9F15XBG TMPM4G8F15XBG TMPM4G7FEFG TMPM4G6FEFG
TMPM4G9F10FG TMPM4G8F10FG TMPM4G7FDFG TMPM4G6FDFG
TMPM4G9F10XBG TMPM4G8F10XBG
TMPM4G9FEFG TMPM4G8FEFG
TMPM4G9FEXBG TMPM4G8FEXBG
TMPM4G9FDFG TMPM4G8FDFG
TMPM4G9FDXBG TMPM4G8FDXBG

※サンプルプログラムは、TMPM4G9F15FGの評価ボードで動作するように準備されています。
TMPM4G9F15以外の動作確認を行う場合は、CMSIS Core関連ファイル (C startupファイル、I/Oヘッダファイル) を変更する必要があります。
BSP関連ファイルは評価ボード専用 (TMPM4G9F15FG) ファイルなので、TMPM4G9F15以外の動作確認をする場合は、BSP関連ファイルを変更する必要があります。

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
アナログ/デジタルコンバータ ADC

(1)サーミスタから取得したAD値を温度換算してターミナルソフトに表示する例です。

(2)AD監視機能の結果をLEDに反映する例です。

CEC CEC 評価ボード2枚を使った通信例です。
クロック/モード制御 CG スイッチによるポート入力をトリガとして低消費電力モード(IDLE/STOP1/STOP2)へ切り替えます。
デジタル/アナログコンバータ DAC PCのターミナルソフトから入力したデータをDAC出力する例です。
デジタルノイズフィルタ DNF スイッチによる外部信号割り込みをDNF経由で検出します。
外部バスインターフェース EBIF ターミナルソフトからR/Wコマンド、R/Wデータを入力して、SRAMへリード/ライトを行う例です。
Flash制御 FLASH

(1)デュアルモードを用いてデータフラッシュのデータの書き換えを行う例です。

(2)ユーザーブートモードを用いてフラッシュの書き換えを行う例です。

(3)ユーザーインフォメーションエリアの書き込みを行う例です。

高精度非同期シリアル通信
回路
FUART PCのターミナルソフトから入力したデータをエコーバックします。
FUART/
DMAC
PCのターミナルソフトから入力したデータをエコーバックします。DMACを使用した例です。
入出力ポート GPIO KEY押下を判定し、LEDを点灯(消灯)します。
高速DMAコントローラ HDMAC ターミナルソフトから入力したデータをDMAを使ってメモリ間転送し、転送されたデータをターミナルソフトに表示します。
HDMAC/
TSPI
ターミナルソフトから入力したデータをメモリからSPIへDMA転送します。SPIのループバックで受信したデータを、ターミナルソフトに出力します。
シリアルバスインタフェース I2C

ターミナルソフトからRead/Writeコマンド、Read/Writeデータを入力して、EEPROMへリード/ライトを行う例です。

評価ボード2枚を使ったマスタ/スレーブ送受信例です。

インタバルセンサ検知 ISD インタバルセンサにより信号を読み取り、STOP1⇒Normalの遷移を行います。
ロングタームタイマ LTTMR ロングタームタイマで32kHzを生成するサンプルプログラムです。
電圧検知 LVD 電源電圧を検知電圧と比較して検知する例です。
多機能DMAコントローラ MDMAC PCのターミナルソフトから入力したデータをエコーバックします。
周波数検知 OFD 外部高速発振器をモニタし、設定した周波数範囲と比較して周波数異常を検知する例です。
リモコン判定 RMC リモコンコード受信し、ターミナルソフトに表示します。
リアルタイムクロック RTC RTCを動作させ、時計データをターミナルソフトに表示します。
シリアルメモリ
インタフェース
SMIF ターミナルソフトからR/Wコマンド、R/Wデータを入力して、シリアルFlashへリード/ライトを行う例です。
32ビットタイマ T32A

1ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。

デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。

トリミング回路 TRM 外部からの入力信号または外部低速発振で内蔵発振器を調整するサンプルプログラムです。
同期式シリアル
インタフェース
TSPI

(1)2chのTSPIを用いて通信を行い、データをターミナルソフトに表示します。

(2)TSPIを用いて評価ボード上の加速度センサを制御する例です。

非同期シリアル通信回路 UART

(1)PCのターミナルソフトから入力したデータをエコーバックします。

(2)ハーフクロックモード通信を行い、受信データをターミナルソフトに表示します。評価ボードを2枚使用します。

TXZ4シリーズ M4Lグループ(1)

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
アドバンストエンコーダ入力回路(32bit) A_ENC32 エンコーダモードでロータリエンコーダの回転を検知します。
12ビットアナログデジタルコンバータ ADC ポテンショメータの出力電圧2chをADC変換し、結果の値をターミナルソフトに表示します。
クロック制御/動作モード CG NORMALモードと低消費電力モードを切り替える例です。
CRC計算回路 CRC_MEMORY 指定されたメモリの範囲を連続データとしてCRC計算し、CRCデータの結果チェックを行います。
デジタルノイズフィルタ回路 DNF スイッチによるポート入力をDNF経由で検出し、外部割り込みを発生させます。
フラッシュメモリ FLASH

(1) Flashのページ消去、ブロック消去、Flash Dataの書き換え、エリア消去の例です。
(2) プロテクトの設定・解除の例です。
(3) ユーザーインフォメーションエリアの書き込みを行う例です。
(4) ユーザーブートモードを用いてFlashの書き換えを行う例です。

電圧検知回路 LVD 電圧を検知して、それに応じたLEDを点灯します。
周波数検知回路 OFD 対象クロック(外部高速発振器)の周波数を検知して、対応するLEDを点灯します。
入出力ポート PORT LEDとスイッチを使用したPORTの設定例です。
RAMパリティ RAMP ターミナルソフトで入力された文字列にパリティを付加してRAMに保存します。RAMに保存したデータのパリティチェックを行い、ターミナルソフトに表示します。
クロック選択式ウォッチドッグタイマ SIWDT NMI割り込みが発生する例とクリアコードを定期的に書き込んでNMI割り込みが発生しない例です。
32ビットタイマイベントカウンタ T32A (1) キャプチャを利用して外部入力パルスの周波数を計測し、計測結果をターミナルソフトに表示します。
(2) タイマ割込みを使用し1秒ごとにLEDを点灯/消灯させます。
(3) デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
トリミング回路 TRM 外部からの基準信号を用いて、内蔵高速発振器の周波数の調整を行います。
シリアルペリフェラルインタフェース TSPI TSPIを用いて通信を行い、データをターミナルソフトへ出力します。
非同期シリアル通信回路 UART (1) ターミナルソフトから入力したデータをエコーバックし、UARTを介してターミナルソフトに出力します。
(2) ターミナルソフトからの文字列を受信する例です。
(3) ターミナルソフトへ文字列を送信する例です。

TX00シリーズ M030グループ

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM
036
TMPM
037
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V V
クロック/モード制御 CG NORMALモードとIDLE/STOPモードの切り替え例です。 V V
DMAコントローラ DMAC DMACの設定とUARTを使用したメモリ-ペリフェラル間転送の例です。 V V
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V V
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V V
電圧検出回路 LVD 電圧が検出電圧より高い場合、UARTに“UPPER”を出力します。電圧が検出電圧より低い場合、UARTに“LOWER”を表示します。 V V
シリアルバスインタフェース I2C I2Cバスモードの送受信例です。 V V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V V
簡易16ビットタイマ TMR16A 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。 V V
16ビットタイマ TMRB 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
V V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V V

TX00シリーズ M060グループ (TMPM061)

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM
061
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V
クロック/モード制御 CG NORMALモードとSTOPモードの切り替え例です。 V
24ビットΔΣ型
アナログ/デジタルコンバータ
DSADC DSAD変換状態の取得と変換結果の読み出しを行います。 V
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V
LCDドライバ LCD デューティ1/4, 1/3バイアス駆動方式により、文字列‘12345678’の8桁を順番に表示します。スタティック駆動方式により、文字列‘0123456789’の10桁を順番に表示します。 V
電圧検出回路 LVD 電圧が通常の場合はLED0を点滅させ、LED1をOFFします。電圧が検出電圧より低い場合はINTLVDを発生させ、LED0をOFFし、LED1を点滅させます。 V
リアルタイムクロック RTC 日付や時間を設定する例です。 V
シリアルバスインタフェース SBI I2Cバスモードの送受信例です。 V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V
簡易16ビットタイマ TMR16A 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。 V
16ビットタイマ TMRB 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V

TX00シリーズ M060グループ (TMPM066)

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM
066
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V
クロック/モード制御 CG NORMALモードとIDLE/STOPモードの切り替え例です。 V
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V
電圧検出回路 LVD 電圧が検出電圧より高い場合、UARTに“UPPER”を出力します。電圧が検出電圧より低い場合、UARTに“LOWER”を表示します。 V
シリアルバスインタフェース SBI I2Cバスモードの送受信例です。 V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V
簡易16ビットタイマ TMR16A 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。 V
16ビットタイマ TMRB 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
V
高分解能16ビットタイマ TMRD 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
V
同期式
シリアルインタフェース
TSPI TSPIの送受信例です。 V
μDMAコントローラ uDMAC DMACの設定とメモリ-メモリ間転送の例です。 V
USBデバイスコントローラ USBD HID(Human Interface Device)マウスサンプルプログラム
評価ボードとホストPCをUSBインタフェース経由で接続し、電源ONすると、評価ボードが標準マウスとして認識されます。その後、PCモニタ上に次のような矢印アイコンを移動し、これを3回繰り返します。
V
CDC(communication device class)ループバックサンプルプログラム
評価ボード上のCOMデバイスとしてシミュレーションします。
V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V

TX03シリーズ M310グループ

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM
311
24ビットΔΣ型
アナログ/デジタルコンバータ
DSADC DSAD変換状態の取得と変換結果の読み出しを行います。 V
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V
同期式
シリアルインタフェース
SSP SSPとUARTのペリフェラルドライバを使用し、受信したデータをUARTに表示するサンプルプログラムです。送受信データが同一の場合はLED2とLED3をONし、不一致の場合はLED0とLED1をONします。 V
温度センサ TEMP 温度センサと接続されたDSADCのユニットの変換結果をUARTに出力します。 V
簡易16ビットタイマ TMR16A 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。 V
16ビットタイマ TMRB 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V
μDMAコントローラ uDMAC DMACの設定とメモリ-メモリ間転送の例です。 V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V

TX03シリーズ M330グループ

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM
330
TMPM
332
TMPM
333
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V V V
CEC機能 CEC CEC送受信の割り込みの設定例です。
V V  
クロック/モード機能 CG NORMALモードとSLEEPモード、SLOWモードの切り替え例です。 V V V
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V V V
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V V V
リモコン判定 RMC 赤外線リモコンの信号を受信し、デコードする例です。 V V  
リアルタイムクロック RTC 日付や時間を設定する例です。 V V V
シリアルバスインタフェース SBI I2Cバスモードの送受信例です。 V V
V
シリアルチャンネル
SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V V V
16ビットタイマ TMRB 500 ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
周波数測定モードの設定例です。
V V V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V V V

TX03シリーズ M340グループ

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM
341
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V
クロック/モード制御 CG NORMALモードとSTOP1モードの切り替え例です。 V
デジタル/アナログコンバータ DAC DA端子からのこぎり波を出力する例です。 V
DMAコントローラ DMAC DMACの設定とUARTを使用したメモリ-ペリフェラル間転送の例です。 V
外部バスインタフェース EXB 外部バスに接続したSRAMのリード/ライトの例です。 V
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V
周波数検知回路 OFD クロックがOFD検出周波数帯を超えると、I/O用のリセットを生成する例です。 V
2相パルス入力カウンタ PHC 4逓倍カウントモードの設定例です。 V
シリアルバスインタフェース SBI I2Cバスモードの送受信例です。 V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V
同期式
シリアルインタフェース
SSP SSPの設定とセルフループバックの例です。 V
16ビットタイマ TMRB 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
V
高分解能16ビットタイマ TMRD 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V

TX03シリーズ M360グループ (TMPM361/362/363/364)

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM
361
TMPM
362
TMPM
363
TMPM
364
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V V V V
CAN コントローラ CAN テストループバックモードにおけるメールボックスメッセージ設定、メールボックス設定、メッセージ送受信、モード変更 (テストループバックモード)、ステータス、割り込みなどを行う例です。     V V
CEC機能 CEC CEC送受信の割り込みの設定例です。 V V V V
クロック/モード制御 CG NORMALモードとSLEEPモードの切り替え例です。 V V V V
DMAコントローラ DMAC DMACの設定とメモリ-メモリ間転送の例です。 V V V V
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V V V V
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V V V V
キーオンウェイクアップ KWUP 低電力モードへの移行と解除の設定例です。 V V V V
リモコン判定 RMC リモコンの信号を受信し、デコードする例です。 V V V V
リアルタイムクロック RTC 日付や時間を設定する例です。 V V V V
シリアルバスインタフェース SBI I2Cバスモードの送受信例です。 V V V V
スタティック
メモリコントローラ
SMC SRAMを初期化する例です。 V V V V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V V V V
同期式
シリアルインタフェース
SSP SSPの設定とセルフループバックの例です。 V V V V
16ビットタイマ TMRB 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
V V V V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V V V V

TX03シリーズ M360グループ (TMPM365/366)

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM
365
TMPM
366
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V V
クロック/モード制御 CG NORMALモードとSTOPモードの切り替え例です。 V V
DMAコントローラ DMAC DMACの設定とUARTを使用したメモリ-ペリフェラル間転送の例です。 V V
外部バスインタフェース EXB 外部バスに接続したSRAMのリード/ライトの例です。   V
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V V
非同期シリアル通信回路 FUART 64種の異なるデータをTX端子から送信し、RX端子からデータを受信します。   V
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V V
シリアルバスインタフェース SBI I2Cバスモードの送受信例です。 V V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V V
同期式
シリアルインタフェース
SSP SSPの設定とセルフループバックの例です。   V
16ビットタイマ TMRB 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
V V
USBデバイスコントローラ USBD HID(Human Interface Device)マウスサンプルプログラム
評価ボードとホストPCをUSBインタフェース経由で接続し、電源ONすると、評価ボードが標準マウスとして認識されます。その後、PCモニタ上に次のような矢印アイコンを移動し、これを3回繰り返します。
V V
CDC(communication device class)ループバックサンプルプログラム
評価ボード上のCOMデバイスとしてシミュレーションします。
V V
MSC(Mass Storage Class) RAM Diskサンプルプログラム
評価ボードをUSBインタフェース経由でPCに接続し、電源を投入すると、24k RAM Diskが認識され、PCによりフォーマット、ファイルの保存が可能となります。
V V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V V

TX03シリーズ M360グループ (TMPM367/368/369/36B)

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM
367
TMPM
368
TMPM
369
TMPM
36B
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V V V V
CAN コントローラ CAN テストループバックモードにおけるメールボックスメッセージ設定、メールボックス設定、メッセージ送受信、モード変更 (テストループバックモード)、ステータス、割り込みなどを行う例です。   V V  
クロック/モード制御 CG NORMALモードとIDLE/STOP1/STOP2モードの切り替え例です。 V V V V
デジタル/アナログコンバータ DAC DA端子からのこぎり波を出力する例です。 V V V  
外部バスインタフェース EXB 外部バスに接続したSRAMのリード/ライトの例です。 V V V V
エンコーダ入力回路 ENC ホイールマウスの回転を検知します。 V V V V
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V V V V
非同期シリアル通信回路 FUART 64種の異なるデータをTX端子から送信し、RX端子からデータを受信します。 V V V V
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V V V V
多目的タイマ IGBT 外部トリガの入力により、IGBTドライバとEMG機能を使用したPPG出力処理を行います。 V V V V
PMD 位相出力を行います。 V V V V
電圧検出回路 LVD 電圧が検出電圧より高い場合、UARTに“UPPER”を出力します。電圧が検出電圧より低い場合、UARTに“LOWER”を表示します。 V V V V
周波数検知回路 OFD クロックがOFD検出周波数帯を超えると、I/O用のリセットを生成する例です。 V V V V
リモコン判定 RMC リモコンの信号を受信し、デコードする例です。 V V V V
リアルタイムクロック RTC 日付や時間を設定する例です。 V V V V
シリアルバスインタフェース SBI I2Cバスモードの送受信例です。 V V V V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V V V V
同期式
シリアルインタフェース
SSP SSPの設定とセルフループバックの例です。 V V V V
16ビットタイマ TMRB 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
V V V V
μDMAコントローラ uDMAC DMACの設定とメモリ-メモリ間転送の例です。 V V V V
USBデバイスコントローラ USBD HID(Human Interface Device)マウスサンプルプログラム
評価ボードとホストPCをUSBインタフェース経由で接続し、電源ONすると、評価ボードが標準マウスとして認識されます。その後、PCモニタ上に次のような矢印アイコンを移動し、これを3回繰り返します。
V V V  
CDC(communication device class)ループバックサンプルプログラム
評価ボード上のCOMデバイスとしてシミュレーションします。
V V V  
MSC(Mass Storage Class) RAM Diskサンプルプログラム
評価ボードをUSBインタフェース経由でPCに接続し、電源を投入すると、24k RAM Diskが認識され、PCによりフォーマット、ファイルの保存が可能となります。
V V V  
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V V V V

TX03シリーズ M370グループ

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM
370
TMPM
372
TMPM
373
TMPM
374
TMPM
375
TMPM
376
TMPM
37A
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V V V V V V V
クロック/モード制御 CG NORMALモードとSTOPモードの切り替え例です。 V V V V V V V
エンコーダ入力回路 ENC ホイールマウスの回転を検知します。 V V V V V V  
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V V V V V V V
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V V V V V V V
周波数検知回路 OFD クロックがOFD検出周波数帯を超えると、I/O用のリセットを生成する例です。 V V V V V V V
モータ制御回路 PMD 位相出力を行います。 V V V V V V V
シリアルバスインタフェース SBI I2Cバスモードの送受信例です。         V
  V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V V V V V V V
16ビットタイマ TMRB 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
V V V V V V V
電圧検出回路 VLTD 電圧が検出電圧より低い場合はハード的にMCUリセットが行われ、ソフトでPORTにHIGHレベルを出力します。 V V V V V V V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V V V V V V V

TX03シリーズ M380グループ

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM
380
TMPM
381
TMPM
383
TMPM
384
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V V V V
クロック/モード制御 CG NORMALモードとSLEEPモードの切り替え例です。 V V V V
DMAコントローラ DMAC DMACの設定とUARTを使用したメモリ-ペリフェラル間転送の例です。 V V V V
デジタルノイズフィルタ DNF PPG出力によるパルスを検知し、ノイズと判断すると割り込みを発生させます。   V V  
エンコーダ入力回路 ENC ホイールマウスの回転を検知します。 V V V V
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V V V V
非同期シリアル通信回路 FUART 64種の異なるデータをTX端子から送信し、RX端子からデータを受信します。   V V  
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V V V V
多目的タイマ IGBT 外部トリガの入力により、IGBTドライバとEMG機能を使用したPPG出力処理を行います。 V V V V
PMD 位相出力を行います。 V V V V
周波数検知回路 OFD クロックがOFD検出周波数帯を超えると、I/O用のリセットを生成する例です。 V V V V
リモコン判定 RMC リモコンの信号を受信し、デコードする例です。 V V V V
リアルタイムクロック RTC 日付や時間を設定する例です。 V V V V
シリアルバスインタフェース SBI I2Cバスモードの送受信例です。 V V V V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V V V V
同期式
シリアルインタフェース
SSP SSPの設定とDMACを使用した送受信例です。
SSPの設定とセルフループバックの例です。
V V V V
16ビットタイマ TMRB 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
V V V V
電圧検出回路 VLTD 電圧が検出電圧より低い場合はハード的にMCUリセットが行われ、ソフトでPORTにHIGHレベルを出力します。 V V V V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V V V V

TX03シリーズ TMPM3U0

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM3U0
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V
クロック/モード制御 CG NORMALモードとSTOPモードの切り替え例です。 V
デジタルノイズフィルタ DNF PPG出力によるパルスを検知し、ノイズと判断すると外部割り込みが発生しません。 V
エンコーダ入力回路 ENC ホイールマウスの回転を検知します。 V
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V
周波数検知回路 OFD クロックがOFD検出周波数帯を超えると、リセットを生成する例です。 V
モータ制御回路 PMD 位相出力を行います。 V
シリアルバスインタフェース SBI I2Cバスモードの送受信例です。 V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V
16ビットタイマ TMRB 1ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG (プログラマブル矩形波) の波形を出力する例です。
V
トリミング回路 TRM 外部からの基準信号を用いて、内蔵高速発振器の周波数の調整を行います。 V
電圧検出回路 VLTD 電圧が検出電圧より低い場合はハード的にMCUリセットが行われ、ソフトでPORTにHIGHレベルを出力します。 V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V

TX03シリーズ TMPM3V6 / M3V4

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM3V6 TMPM3V4
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V V
クロック/モード制御 CG NORMALモードとSTOPモードの切り替え例です。 V V
デジタルノイズフィルタ DNF PPG出力によるパルスを検知し、ノイズと判断すると外部割り込みが発生しません。 V V
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V V
非同期シリアル通信回路 FUART 64種の異なるデータをTX端子から送信し、RX端子からデータを受信します。 V V
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V V
周波数検知回路 OFD クロックがOFD検出周波数帯を超えると、リセットを生成する例です。 V V
リモコン判定 RMC リモコンの信号を受信し、デコードする例です。 V V
リアルタイムクロック RTC 日付や時間を設定する例です。 V V
シリアルバスインタフェース SBI I2Cバスモードの送受信例です。 V V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V V
同期式シリアルインタフェース SSP SSPの設定とセルフループバックの例です。 V V
16ビットタイマ TMRB 1ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG (プログラマブル矩形波) の波形を出力する例です
V V
電圧検出回路 VLTD 電圧が検出電圧より低い場合はハード的にMCUリセットが行われ、ソフトでPORTにHIGHレベルを出力します。 V V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V V

TX03シリーズ TMPM3U6

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM3U6
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V
クロック/モード制御 CG NORMALモードとSLEEPモードの切り替え例です。 V
DMAコントローラ DMAC DMACの設定とUARTを使用したメモリ-ペリフェラル間転送の例です。 V
エンコーダ入力回路 ENC ホイールマウスの回転を検知します。 V
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V
多目的タイマ IGBT 外部トリガの入力により、IGBTドライバとEMG機能を使用したPPG出力処理を行います。 V
PMD 位相出力を行います。 V
周波数検知回路 OFD クロックがOFD検出周波数帯を超えると、リセットを生成する例です。 V
リモコン判定 RMC リモコンの信号を受信し、デコードする例です。 V
リアルタイムクロック RTC 日付や時間を設定する例です。 V
シリアルバスインタフェース SBI I2Cバスモードの送受信例です。 V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V
同期式シリアルインタフェース SSP SSPの設定とDMACを使用した送受信例です。SSPの設定とセルフループバックの例です。 V
16ビットタイマ TMRB 1ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です
V
電圧検出回路 VLTD 電圧が検出電圧より低い場合はハード的にMCUリセットが行われ、ソフトでPORTにHIGHレベルを出力します。 V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V

TX04シリーズ M440グループ

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM
440
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V
クロック/モード制御 CG NORMALモードとIDLE/STOP1/STOP2モードの切り替え例です。 V
デジタル/アナログコンバータ DAC DA端子からのこぎり波を出力する例です。 V
DMAコントローラ DMAC DMACの設定とUARTを使用したメモリ-ペリフェラル間転送の例です。 V
高性能2相パルス入力カウンタ EPHC 4逓倍カウントモードの設定例です。 V
拡張シリアルI/O ESIO シングル転送の送信例です。 V
外部バスインタフェース EXB 外部バスに接続したSRAMのリード/ライトの例です。 V
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V
非同期シリアル通信回路 FUART 64種の異なるデータをTX端子から送信し、RX端子からデータを受信します。 V
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V
キーマトリクススキャン KSCAN スイッチ0~7を1つずつ押すと、LED0~LED7が点灯するサンプルプログラムです。 V
キーオンウエイクアップ KWUP スイッチ1 をONするとCPUは低消費電力モードとなり、スイッチ0をONすると低消費電力モードが解除されるサンプルプログラムです。 V
2相パルス入力カウンタ PHC 4逓倍カウントモードの設定例です。 V
プログラマブルサーボ/
シーケンスコントローラ
PSC DMACを使用してPSCのコードとデータをPSC用コードRAMとデータRAMに転送し、TMRB割り込みを起動トリガとしてPSCを動作させる例です。 V
リアルタイムクロック RTC 日付や時間を設定する例です。 V
シリアルバスインタフェース SBI I2Cバスモードの送受信例です。 V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V
16ビットタイマ TMRB 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
V
32ビットタイマ TMRC タイマ割り込みの例です。 V
高分解能16ビットタイマ TMRD 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。 V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V

TX04シリーズ M460グループ

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMPM
461
TMPM
462
TMPM
46B
アナログ/デジタルコンバータ ADC アナログ入力端子からAD変換結果を読み出す例です。 V V V
暗号・復号化回路 AES ECB/CBC/CTRモードによる暗号化と複合化を行うサンプルプログラムです。     V
CEC機能 CEC CEC送受信の割り込みの設定例です。 V V  
クロック/モード制御 CG NORMALモードとIDLE/STOP1/STOP2モードの切り替え例です。 V V V
乱数シード発生回路 ESG 512ビットの乱数シードを生成するサンプルプログラムです。     V
外部バスインタフェース EXB 外部バスに接続したSRAMのリード/ライトの例です。 V V V
Flash制御 FLASH プログラムを内蔵RAM上で実行し、内蔵フラッシュメモリの消去及び再書き込み操作を行う例です。 V V V
非同期シリアル通信回路 FUART 64種の異なるデータをTX端子から送信し、RX端子からデータを受信します。 V V V
入出力ポート GPIO LEDとKEYを使用したPORTの設定例です。 V V V
シリアルバスインタフェース I2C I2Cバスモードの送受信例です。 V V
V
多目的タイマ IGBT 外部トリガの入力により、IGBTドライバとEMG機能を使用したPPG出力処理を行います。 V V V
電圧検出回路 LVD 電圧が検出電圧より高い場合、UARTに“UPPER”を出力します。電圧が検出電圧より低い場合、UARTに“LOWER”を表示します。 V V V
多倍長演算回路 MLA モンゴメリ乗算/多倍長加算/多倍長減算を行うサンプルプログラムです。     V
周波数検知回路 OFD クロックがOFD検出周波数帯を超えると、I/O用のリセットを生成する例です。 V V  
リモコン判定 RMC リモコンの信号を受信し、デコードする例です。 V V  
リアルタイムクロック RTC 日付や時間を設定する例です。 V V V
ハッシュ関数生成回路 SHA メッセージデータから256ビットのハッシュ値を演算するサンプルプログラムです。     V
同期式
シリアルインタフェース
SSP SSPの設定とセルフループバックの例です。 V V V
16ビットタイマ TMRB 500ms間隔で動作するタイマ割り込みの例です。
デューティ可変のPPG(プログラマブル矩形波)の波形を出力する例です。
V V V
シリアルチャネル SIO/UART UARTの設定と送信例です。 V V V
μDMAコントローラ uDMAC DMACの設定とメモリ-メモリ間転送の例です。 V V V
ウォッチドッグタイマ WDT ウォッチドッグタイマの検出時間と検出後の処理の設定例です。 V V V

TLCS-870/C1シリーズ

TMP89Fx : TMP89FM42V/TMP89FS60V/TMP89FS62V/TMP89FS63V
TMP89FWy : TMP89FW20V/TMP89FW24V

ファイルをダウンロードはこちらから

サンプルプログラム
機 能
説明
対象製品
TMP89
Fx
TMP89
FWy
10ビット
ADコンバータ
ADC
REPEAT
アナログ入力値を10回AD変換し、その平均値をターミナルソフトに表示します。 V V
ADC
SINGLE
アナログ入力値を1回AD変換し、結果をターミナルソフトに表示します。 V V
デバイダ出力 DVO 設定に応じた矩形波をDVO端子から出力します。 V V
外部割り込み
制御回路
EXT_INT スイッチによるポート⼊⼒をトリガとして外部割り込みを発⽣させます。外部割込みを検知するとLEDが点灯します。 V V
フラッシュメモリ FLASH
MCU_BOOTROM
MCUモードでBOOTROMのサポートプログラム(API)を⽤いてテストデータの書き込みおよびSecurity Program設定を⾏います。   V
FLASH
MCU_ProductID
フラッシュメモリからベンダーID、フラッシュID、セキュリティステータスを読み出して表⽰します。 V  
FLASH
MCU_RAM
MCUモードでRAM領域に制御プログラムを転送し、テストデータの書き込みおよび読み出しを⾏います。 V V
FLASH
MCU_SHADOW_BOOTROM
(External)
シャドウRAMとBOOTROMのサポートプログラムを用いてSIOで取り込んだ新しいプログラムに書き換えます。こちらは外部制御ボード側のサンプルです。   V
FLASH
MCU_SHADOW_BOOTROM
(Sample)
シャドウRAMとBOOTROMのサポートプログラムを用いてSIOで取り込んだ新しいプログラムに書き換えます。こちらはターゲットボード側のサンプルです。   V
FLASH
SPROM_UART
UART通信を⽤いて外部制御ボードからテストデータの書き込みおよび読み出しの制御を⾏います。 V V
キーオン
ウェイクアップ
KWU スイッチ入力によりNORMAL1/STOPモードの切り替えを⾏います。動作モードに応じてLED表⽰も切り替えます。 V V
LCD LCD 0〜999まで1秒ごとにカウントアップしてLCDに表⽰します。   V
動作モード
制御回路
LOW_POWER
NORMAL1/NORMAL2/SLOW1
スイッチ⼊⼒により動作モードを切り替えます。動作モードに応じてLED表示も切替えます。 V V
入出力ポート PORT スイッチよるポート⼊⼒を検出し、押下された場合はスイッチに対応するLEDを点灯、解放された場合は消灯します。 V V
時計専用タイマ RTC 時計専⽤タイマ(RTC)割り込み周期毎にLEDの点灯/消灯を繰り返します。 V V
シリアルバス
インタフェース
SBI PCのターミナルソフトからのコマンド⼊⼒(UART経由)によりマスタモードの設定、スレーブ側へ1バイトのテストデータ送信、テストデータの送信要求を⾏います。
スレーブ側は送信要求がある場合に受信したテストデータを送信します。
V V
シャドウRAM SHADOW_RAM
COPY
内蔵RAMにシャドウRAMのコピープログラムを転送します。   V
SHADOW_RAM
POWER_CUT
シャドウRAMを⽤いてフラッシュメモリの電源を遮断/接続を⾏います。   V
同期式シリアル
インタフェース
SIO
8bit_RECEIVE
8bit_TRANSまたは8bit_TRANS_RECEIVEのサンプルプログラムを書き込んだ送信用のボードを使用します。
送信用のボードから受信した1バイトのテストデータをターミナルソフトに表⽰します。
V V
SIO
8bit_TRANS
PCのターミナルソフトからのコマンド⼊⼒(UART経由)により1バイトのテストデータを送信します。 V V
SIO
8bit_TRANS_RECEIVE
本サンプルプログラムを搭載したボードを2台使用します。
一方のボードから1バイトのテストデータを送信すると、もう一方のボードでこれを受信しターミナルソフトに表示します。
V V
タイムベースタイマ TBT タイムベースタイマ(TBT)割り込み周期毎にLEDの点灯/消灯を繰り返します。 V V
8ビット
タイマカウンタ
TC0
8bit_EVENT_COUNT
8ビットイベントカウンタモードを使⽤し、設定した周期毎にLEDの点灯/消灯を繰り返します。 V V
TC0
8bit_PPG
8ビットPPGモードを使用し、スイッチ⼊⼒毎にPPG出力の周波数とDuty⽐率を変更します。 V V
TC0
8bit_PWM
8ビットPWMモードを使用し、スイッチ⼊⼒毎にPWM出力の周波数とDuty⽐率を変更します。 V V
TC0
8bit_TIMER
8ビットタイマモードを使⽤し、設定した周期毎にLEDの点灯/消灯を繰り返します。 V V
TC0
12bit_PWM
12ビットPWMモードを使用し、スイッチ⼊⼒毎にPWM出力の周波数とDuty⽐率を変更します。 V V
TC0
16bit_EVENT_COUNT
16ビットイベントカウンタモードを使⽤し、設定した周期毎にLEDの点灯/消灯を繰り返します。 V V
TC0
16bit_PPG
16ビットPPGモードを使用し、スイッチ⼊⼒毎にPPG出力の周波数とDuty⽐率を変更します。 V V
TC0
16bit_TIMER
16ビットタイマモードを使⽤し、設定した周期毎にLEDの点灯/消灯を繰り返します。 V V
16ビット
タイマカウンタ
(TCA)
TCA
EVENT_COUNT
イベントカウンタモードを使⽤し、設定した周期毎にLEDの点灯/消灯を繰り返します。 V V
TCA
EXT_TRIG
外部トリガタイマモードを使⽤し、設定した周期毎にLEDの点灯/消灯を繰り返します。 V V
TCA
PPG
PPGモードを使⽤し、200ms経過毎にリモコン波形を出⼒します。 V V
TCA
PULSE_WIDTH_MEASURE
パルス幅測定モードを使⽤し、入力パルス幅の測定値をターミナルソフトに表⽰します。 V V
TCA
TIMER
タイマモードを使⽤し、設定した周期毎にLEDの点灯/消灯を繰り返します。 V V
TCA
WINDOWS
ウィンドウモードを使⽤し、設定した周期毎にLEDの点灯/消灯を繰り返します。 V V
16ビット
タイマカウンタ
(TCB)
TCB
PPG
PPGモードを使⽤し、200ms経過毎にリモコン波形を出⼒します。   V
10ビット
タイマカウンタ
TCC
PPG_DUTY_50
Duty 50%のパルスを出力します。   V
TCC
PPG_DUTY_CHANGE
任意のDutyのパルスを出力します。   V
TCC
PPG_DUTY_INDEPENDENT
PPGC01端子, PPGC02端子それぞれに設定された波形が出力されます。   V
TCC
PPG_EMG
PPG出⼒中に緊急出力停止入力されるとLEDが点灯します。緊急出力停止状態が解除されるとLEDが消灯します。   V
非同期型シリアル
インタフェース
UART PCのターミナルソフトから⼊⼒されたデータをエコーバック表⽰します。 V V
UART
IrDA
100ms周期で⾚外線データフォーマット(IrDA)でテストデータを出⼒します。 V V
電圧検出回路 VOLT_DETECT 電源電圧の低下を検知し、検出電圧に応じたLEDパターンを表⽰します。 V V
ウォッチドッグタイマ WDT 定期的にクリアコードを書き込んでいる間は全LEDが点滅します。 V V

ファイルをダウンロードはこちらから

SP No. Module Name Outline
SP-870-101 - TMP89FS60FG サンプルソフトウエア
   動作機能
  • 8ビットタイマPWM出力
  • 8ビットタイマPPG出力
  • 16ビットタイマPPG出力
  • UART出力
  • SIO出力
  • I2C出力
  • 10ビットADコンバータ入力
SP-870-102 RAM, Memory 自己診断テストサンプルソフトウエア

ご検討の方に

To Top
·設計および使用に際しては、本製品に関する最新の情報および本製品が使用される機器の取扱説明書などをご確認の上、これに従ってください。