品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

フォトカプラーの使い方 出力電流

Step 2. IFとCTRから、フォトトランジスター出力電流を計算

フォトカプラーの使い方 出力電流

フォトカプラーの出力電流 (IC)は?

入力電流 (IF)=10 mAの場合の出力電流 (IC)のばらつきを、変換効率 (IC/IF) から求めます。右上のIC-IFカーブは、IC=10 mA(@IF=5 mA、VCE=5V、Ta=25℃)なので、CTR=200%品 (BLランク:200~600 %の最小品)の特性カーブである事が分かります。また、このカーブから IC=20 mA(@IF=10 mA、VCE=5V、Ta=25℃) となります。
ここで求めたICの値を使って次にRLを導出します。一般的にトランジスターカプラーの変換効率の測定条件はVCE=5 V の設定なので、ICの最小値でもVCEが飽和電圧になるようRLを設定します。

第5章 光半導体(アイソレーター/ソリッドステートリレー(SSR))

光半導体の種類
LEDの発光原理
LEDの発光波長
フォトカプラーとは
フォトカプラーはなぜ必要か
フォトカプラーの種類と機能
パッケージと安全規格
フォトカプラーの内部構造
主な安全規格
フォトカプラーの特性 変換効率
フォトカプラーの特性 トリガーLED電流
フォトカプラーの経年変化
フォトカプラーの使い方
フォトカプラーの使い方 入力電流
フォトカプラーの使い方 出力側抵抗RL
フォトカプラーの使い方 確認

関連情報

別ウインドウにて開きます