Asia-Pacific
English
简体中文
繁體中文
한국어
日本語
Americas
English
Europe (EMEA)
English



品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

フォトカプラーの特性 トリガーLED電流

トリガーLED電流
ロジック出力ICカプラーフォトリレートライアック出力カプラーなどでは、その出力動作を行うために必要な、トリガーLED電流が規定されています。

「トリガーLED電流」 
 = 「状態変化の引きがねとなるLED電流」
 = 「出力の状態を変化させるために必要なLED電流」

記号としては、IFT、IFLH、IFHL などが使用されます。
データシートに記載のトリガーLED電流は、製品での規定値を記載しています。従って、最低でもトリガーLED電流(最大値)以上のLED電流を流す必要があります。

フォトカプラーの特性 トリガーLED電流

例)
IFを0mAから徐々に増やし、 IF=3mAを入力したときに
出力がオフ状態からオン状態に移行した場合、 IFT= 3mA

トリガーLED電流

トリガーLED電流は回路設計や寿命設計において重要な項目です。

第5章 光半導体(アイソレーター/ソリッドステートリレー(SSR))

光半導体の種類
LEDの発光原理
LEDの発光波長
フォトカプラーとは
フォトカプラーはなぜ必要か
フォトカプラーの種類と機能
パッケージと安全規格
フォトカプラーの内部構造
主な安全規格
フォトカプラーの特性 変換効率
フォトカプラーの経年変化
フォトカプラーの使い方
フォトカプラーの使い方 入力電流
フォトカプラーの使い方 出力電流
フォトカプラーの使い方 出力側抵抗RL
フォトカプラーの使い方 確認

関連情報