品番検索

クロスリファレンス検索

クロスリファレンス検索で表示される情報について

クロスリファレンスでは参考品名が表示されますので、製品に関する最新の情報をデータシート等でご確認の上、単独およびシステム全体で十分に評価し、お客様の責任において適用可否を判断してください。
参考にしている情報は、取得した時点の各メーカーの公式情報に基づいた当社の推定によるものです。
当社は、情報の正確性、完全性に関して一切の保証をいたしません。また、情報は予告なく変更されることがあります。

キーワード検索

パラメトリック検索

オンラインディストリビューター在庫検索

オンラインディストリビューターが保有する東芝製品の在庫照会および購入が行えるサービスです。

カテゴリから製品を探す

整流ダイオードの順方向特性

整流ダイオードの順方向特性は、電流レベルと温度により特性が変わってきます。低電流領域は、高温時が低VFとなり、高電流領域ではその逆となります。一般的には、両者の交点となるQ点以下で十分な温度マージンをもって使用します。

整流ダイオードの順方向特性

(1)キャリアの移動度が支配的なエリア ⇒ 温度が高い程、VFが低くなる
高温の場合にはキャリア同士が移動しやすい状態にあるため、高温で電流を流す時は低温よりもVFが低くなります。

(2)キャリアの衝突が支配的なエリア ⇒ 温度が高い程、VF高くなる
電流を多く流すためには多くのキャリアを移動させる必要がある。高温の場合にはキャリア同士が衝突を起こしやすい状態にあるため低温よりVFが高くなります。

第2章 ダイオード

ダイオードの種類
整流ダイオードの働き
FRD
定電圧ダイオード
ESD保護用ダイオード
ESD保護用ダイオードと定電圧ダイオードの違い(1)
ESD保護用ダイオードと定電圧ダイオードの違い(2)
可変容量ダイオード
ショットキーバリアダイオード(SBD)
SBDの逆回復特性
SBDの金属による差
各種ダイオードの特性と応用

関連情報

別ウインドウにて開きます